歩行

Keep on walking
徒然なるままに・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< WAHT's IN? | main | 松本到着! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
あっちゃん目の前!


BUCK-TICK TOUR 2009 memento mori @よこすか芸術劇場

人生初の最前列を経験してしまいましたー。
しかもド真ん中=あっちゃん目の前です!


ようやく落ち着いてきたので、最前列の感想を・・・。
ライブ全体のレポはムリです。
MCとか、曲の記憶はほとんどありません(爆)
聴覚はスルーで、視覚で脳、、、っていうより眼の中の記憶だけです。


始まるまでは、この席だとメンバーを目の前に緊張して、
固まってライブを楽しむどころではなくなってしまうのでは・・・
と思ってたのですが、
始まってみたら、あら?不思議。
ちょうどステージ上からは死角になるので、
ずっと目が合っているわけもなく、
それでも数メートル、数十センチの距離にメンバーは居るわけで、
さほど緊張することもなく、思う存分あっちゃんを堪能できました。
相方曰く「もう一生分のあっちゃんを見尽くした」、そんな状態です。

ただ、目が合わずとも、そこに居るというだけでドキドキはするもので、
しかもあっちゃんに至ってはやたら官能的(?)な動きをなさるので、
1人でポッポしてきて(爆)、直視できなくなる時もあるわけですよ。
そんな時はあっちゃんの手を観ていることにしました(笑)
あっちゃんの手って、細くて長い指ってわけでも、ゴツゴツしてるわけでもなく、
大きな手の平に比べて少し短めの指で、なんだか可愛らしかったです。

そんな好き勝手に観察し放題でしたが、
アンプを超えてステージギリギリの真ん前に立たれりゃ、そんな余裕もなく、
年甲斐もなく、きゃあきゃあとプチパニック状態となりました。
しかも、目が合わないコトをいいことにずっと目を見てたら、
突如バッチバチに目が合う瞬間もござしまして・・・まさに蛇に睨まれたカエル。
特にヒデ!
目の前にドデーンと立ちまして、ほぼ真下のワタクシ達を見下ろすような視線を
がっつり頂いてしまった時は、本当に微動だにできず。
未だに思い出しても顔が熱くなるくらいです。
毎度ライブに行くとヒデのカッコ良さにヤラれます。
さらに今井サンには、目の前でしゃがんでギターを弾かれ・・・、
その後ろのあっちゃんを見ようとしていたのに(笑)、
数秒見つめ合ってしまいました(爆)
なんとなく恥ずかしかったです、、、たぶんお互い。
いたたまれなくなって、ギター弾く手元に視線をそらしてしまいました。
で、あっちゃん!
目が合うとか、睨むような視線をもらうとかではなく、笑われました(^_^)
ロマンスのイントロで、ロマンスキターーーー!&黒マント(コート)に大喜びして、
手を取り合って相方とはしゃいでたら、ニヤリと。
(違っていたとしても、思い込みダケで生きていきます。。。)


セトリ的にはLOVE MEが聴けたことが嬉しくて。。。
B-Tを知った時から好きな曲で、でもライブでは聴いたことがなくて、
今回のツアーで途中からアンコールに入ってるコトを知って、
LOVE ME来い!って祈ってたら、最後にキターーー!
LOVE MEで終わるライブってイイですね〜。
あっちゃんの微笑で終わるって。
すっごい幸せな気分になりました♪



以上、一生に一度あるかないか(たぶんもう無い・・・)の貴重な体験の感想でした。


| BUCK-TICK | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:18 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hardspirits.jugem.cc/trackback/936
トラックバック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE